心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

心連心トップページ >  ネットワーク強化事業 > 大学生交流事業について

心連心通信 ニュース

心連心ニュース一覧へ

化粧品についてや、メイクの仕方を説明した後、テレビ画面に映して実際に中国の学生に、日本の学生のお化粧を体験してもらいました!
さらにこの後、日本流のファッションに着替えて変身してもらいました!

当日の動画はこちら!

当日の動画はこちら!

西寧から車で3時間あまり、黄河の源流、テレビでしか見たことのない、山々・・・・雄大な自然に包まれました。 チベットの歴史や、文化に触れることができました。

企画を通じて感じたことは?

少数民族の学生との交流を通じて、中国のもつ「多様性」を感じることができました。
中国の大学生が本当に勉強熱心で、おどろきました。自分ももっと中国語を 勉強しなければな、と思いました。 日本と中国の架け橋となる若者同士のつながりは重要だと思いました。 またこのような機会があればぜひ参加したいです!

事業を通して伝えたかったことはなんですか?

テレビや雑誌、ネットにはない等身大の日本を伝えたかったです。
日本人の明るさ、何事にも笑顔で楽しく取り組めるという姿を伝えたかったです。
私たち6人の明るさやパワーを通して、「今の日本人の若者」を知ってほしかったです。

事業を終えて、得たものはなんですか?

お互いが心から「ありがとう」と言い合えたことが、心に残っています。
西寧の人の温かさ、優しさが忘れられません。

学生交流事業第三弾は、2つのイベントと共に、交流会、ホームステイなど、内容が盛りだくさんのものとなりました。日本側の学生たちは、現地情報が乏しいなか、想像力を必死に働かせて企画の準備をしてくれました。また、現地の学生の皆さんは、我々を暖かく受け入れてくれ、多くの協力をいただきました。双方の多大なる尽力に心から感謝をしています。
私は交流とは、「熱」だと思っています。この熱を冷まさぬよう、学生の皆さんには今後も末永い関わりあいを続けていっていただければと思っています。

国際交流基金
有賀 健

学生交流事業第三弾「日本を伝え中国を知る」トップへ戻る

ふれあいの場情報はこちら!
ふれあいの場情報はこちら!

BACK TO TOP