心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

日本語ライティング大会

2020年12月2日(水)

2020年12月2日、黒竜江大学の主館D座にて東語学院2020年日本語ライティング大会の授賞式が行われ、受賞した学生と審査委員が出席しました。

今回のライティング大会では、70余りの作品から一等賞3名、二等賞6名、三等賞9名が審査委員に選ばれ、東語学院日本語教師の韓春紅先生、江晶瑶先生と鄭宇超先生が選手に授賞しました。賞を受けた選手は以下の通りです。一等賞:晏笠、李朕雯、郭思妍。二等賞:張睿平、白雪蓮、李一佳、李卓凌、李有文、姜広欣。三等賞:蘇昱萌、熊子怡、王璐瑶、郎雲舒、夏忠雪、王然、譚穎、塗敬涵、李亜軒。

今回のコンテストを通じて、学生たちは書いた仮名が規範に合うようになり、今後日本語の勉強のためにも基盤を築き、自信や自主性が強くなりました。

BACK TO TOP