心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

ホンコン・マカオ・広東日本研究大学聯合

2013年10月26日(土)

中山大学外国語学院の大会議室において、広州ふれあいの場が主催する香港・マカオ・広東日本研究大学聯合会第五期目総会が開催されました。

今回の総会は、午前の部「第一回日本語学習者のための講演会」と午後の部「第三回日本語教師研修会」に分けられ、当日は、中山大学、華南理工大学、広東財経大学、広東外語外貿大学南国商学院、広東軽工職業技術学院など各大学から日本語学科の学生約260名、香港、マカオ、広州の各大学から日本語教師約80名が総会に参加しました。

午前の部「第一回日本語学習者のための講演会」では、同聯合会の兒島慶治理事司会のもと、二つの日本語学習者向けの講演が行われました。内容は、鹿児島大学教育センターの原隆幸先生の「グローバル時代における日本の言語教育政策:現状と課題」と港中文大学専業進修学院の赤塚康子先生と高井美和先生の「朝日新聞『天声人語ノート』を使った日本語学習」でした。

午後の部「第三回日本語教師研修会」では、引き続き兒島慶治理事が司会を務め、北京日本文化センターの鈴木今日子先生は「聞き方を育てる聴解授業」を、千駄ヶ谷日本語学校の新山忠和先生は「日本語教育の現場で求められる実践力とは?」を、九州大学留学生センターの小山悟先生は「内容を基盤とした新たな教授法への挑戦」をそれぞれ講演しました。

香港・マカオ・広東日本研究大学聯合第五期目総会は非常に充実した内容で、来場者の方々にとって意義深いものになりました。当日は常晨光学院長、相原良江領事も来場され、開会式において激励のことばを送りました。今回の総会開催にあたり、中山大学外国語学院の多大な協力のもと、日本語学科の邱雅芬先生、徐愛紅先生、李栄先生、石迎春先生、羽田帆奈美先生は会のスムーズな進行に尽力しました。そのほか、同学科の佟君先生、謝崇寧先生も参加しました。

BACK TO TOP