心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

仙台すずめ踊り 鑑賞・体験会

「長春ふれあいの場」では、仙台市から訪問団をお迎えし、すずめ踊りのイベントを開催しました。 すずめ踊りとは、400年以上の歴史をもち、仙台市青葉まつりで披露されている踊りです。 仙台市内には約140の祭連(まづら)・5,000名もの踊り手がいる中、 今回は夢祭連・粋楽の団員17名の方々にご公演頂きました。 当日は、瀋陽総領事館 松本総領事・大谷領事や、長春市外事弁公室 段処長もお迎えし、 約40名の市民の方が参加されました。 まず始めに、すずめ踊りについて特徴や踊り方を紹介して頂いてから、 華麗なステージを披露していただきました。 参加者は食い入るように踊りをみつめ、終わると大きな拍手を送っていました。 続いて、粋楽の皆さんのご指導の下、参加者全員ですずめ踊りを体験してみました。 扇子を貸して頂き、見ようみまねで全員で身体を動かすうちに、自然と笑い声もあがり、 言葉を越えた交流を感じることができました。 イベント終了後は、「長春ふれあいの場」に移動して、交流会を行いました。 ステージ上と客席という関係から一変し、参加者からは仙台の風物・方言・食べ物などについて 質問があがったりと、活発な交流が飛びかいました。 参加者はとても楽しめた様で、またこの様な体験をしてみたいという声が多数あがっていました。

BACK TO TOP