心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

料理教室 コロッケづくり

2014年4月12日(土)

重慶ふれあいの場で、「料理教室」が開かれました。今回は、重慶師範大学の日本語学部の一年生が主に担当し、準備から最後の後片づけまで行いました。活動には、近隣の重慶大学と重慶理工大学と本校各学部の日本料理に関心を持つ学生と外国人教師、約40名余りに参加いただきました。

 料理の指導は、重慶大学日本人教師の奥様である奕野様に担当していただき、今回は「コロッケ」という日本料理に挑戦しました。まずは先生が「コロッケ」の作り方をレクチャーしてくださいました。マッシュポテト、ひき肉、玉ねぎ,醤油などを合わせます。よく混ぜたら、次は手にとって小判形に整え、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。最後に「コロッケ」を約30~40秒間揚げて、キャベツとミニトマトを添えて、器に盛ったら完成です。

次はいよいよ学生たちの番です。6グループに分かれて「コロッケ」を作りました。「コロッケ」の作り方は簡単ですが、普段あまり料理をしない学生にとっては、手にとって小判形に整えることや揚げることが難しかったようで、先生がやさしく指導してくださいました。先生のおかげで最後はおいしい「コロッケ」が完成しました。

この活動に参加した皆さんは、作りながら食べ、とても盛り上がりました。また、こんなに美味しい日本料理を食べ、また同時に肌で日本の料理文化を感じることができ、とても有意義で楽しかったとの声が多くあがりました。次回の料理活動がとても楽しみです!

BACK TO TOP