心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

第1回雲日本雲南聯誼協会「スタディツアー」開催

2014年8月30日(土)

雲南省と日本の大学生の意思疎通と交流事業を促進させるため、2014年8月30日から9月5日まで、NPO法人日本雲南聯誼協会の主催、昆明ふれあいの場の共催による「第1回スタディツアー」が雲南師範大学で開催されました。このツアーには、雲南省各大学から学生18名が参加、日本からは、東京大学や早稲田大学等の学生12名が参加しました。

全体メンバーと先生の集合写真

「アジア未来への人材プロジェクト」の一環として、2012年に始まったこのスタディツアーは、2014年から10年間で500名の日本人と雲南双方の学生に参画していただき、直接対話を通じて、相互理解をすることを目的としています。30名からなる大学生の小グループは、雲南少数民族のダンスや日中食文化交流活動などのほか、昆明市内や雲南にある少数民族の村での農業体験をしました。

雲南少数民族のダンス              日中食文化交流活動

9月5日の最終報告日、7つのチームはそれぞれ学習内容をテーマに発表しました。各チームの素晴らしいし発表と、先生方の厳しい審査の結果、「民族文化」チームと「衛生環境」チームが、今スタディツアー優秀「社会貢献プロジェクト」チームに選ばれました。

この7日間、学生たちは共に行動、勉強し、相互理解してきました。このイベントを通し、大学生は知識を得、友人を増やし、成功を手に入れました。

BACK TO TOP