心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

「スタディツアー」が開幕

2014年8月30日(土)

昆明ふれあいの場で、第一回雲南日本联谊協会“スタディーツアー”の開幕式が行われました。雲南と日本の学生30名による小グループは、ここで初めて交流を行いました。

開幕式では、雲南日联谊協会の林則幸先生から、活動の流れと優秀グループの選考方法の細かいルールについて説明があり、雲南師範大学日本語科主任の张彦萍先生からは挨拶がありました。

ご挨拶:雲南師範大张彦萍先生

交流をした後、30名の学生たちは、ゲームを通して自己紹介をしたり互いに理解し合い、一緒に雲南少数民族舞踊や日本の流行ダンスを踊ったりしました。

雲南少数民族舞踊や日本の流行ダンス   研究内容について真剣に討論

グループ間の雰囲気は友好的で活発でした。メンバーは、自分が関心を持つテーマについて自分の考えを表現し、どのグループも研究内容について簡単な発表を行い、Tシャツの授与を行いました。

Tシャツの授与

“スタディーツアー”は、テーマごとに7つのグループに分かれていて、それぞれ「労働就業」グループ、「教育問題」グループ、「衛生環境」グループ、“エネルギー”グループ、「民族文化」グループ、「芸術」グループと「健康と食文化」グループがあるとのことで、1週間にわたるグループワークを通じて、チームごとに探求テーマに沿ったフィールドワークやディスカッションを行い、9月5日の最終日にその成果を発表します。

BACK TO TOP