心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

日本言語文化学院院生新年会 “一期一会”

12月26日(金)

26日(金)の晩、202会議室で浙江工商大学日本言語文化学院院生新年会“一期一会”が行われました。

 

まずは、女子院生による新しいスタイルのダンス“恋するフォーチュンクッキー”や、“それが大事”“我的歌声里”といった歌が披露されました。彼らの確かな基礎技能に、会場からひとしきり拍手が沸き起こりました。

また、体育院生学部は、中日2ヶ国語で“未来へ(中国曲名:后来)”を歌い、日本語学習への強い意欲を見せました。学院の先生や日本人の先生も、学生に負けじと見事な芸を披露しもう一つの顔を見せました。

 

例えば、欧陽先生は生け花を、大沢先生は落語を披露しました。そして、岡田先生による“時の流れに身をまかせ”の歌声には観客も酔いしれました。また、松代章先生と陳明さんの二胡と胡弓による茉莉花のセッションは、新年会の一番の盛り上がりを見せました。

この盛り上がった雰囲気に続いて行われた、わくわくさせる賞品つきゲームも、新年会に濃厚なお祭りムードをもたらしました。最後に、学生と先生は、“崖の上のポニョ”を合唱し新年会は円満に幕を閉じました。

BACK TO TOP