心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

日本語学科が傀儡子舞交流会を開催

2015年4月30日(木)

広州ふれあいの場が主催した日本の傀儡子舞交流会が2015年4月30日午前、中山大学外国語学院の6階ホールにて開催されました。今回の交流会の講師は日本大東文化大学院生2年生の岡野容之さんでした。日本語学部の羽田帆奈美先生が司会役を担当し、外国語学院副学部長兼日本語学科長邱雅芬教授と日本語学科3年生約20人が交流会に参加しました。

傀儡子舞は人々の罪・穢(けが)れを祓うための神事芸能です。岡野さんは「若菜献饌」と「秋風之辞」という2つの傀儡子舞を披露し、来場者に傀儡子舞の魅力と興味深さを感じさせてくれました。会場のすべての参加者から大きな拍手を博しました。

最後に、岡野さんは傀儡子舞の一部の動きを学生たちに教え、有意義かつ暖かい雰囲気のうちに交流会の幕を閉じました。

BACK TO TOP