心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

延辺ふれあいの場総括会を開催

2015年5月9日(土)

朝日が校舎を照らし始めた頃、延辺ふれあいの場のボランティアたちは掛け軸を持って、総括会準備のため、既に会場へ向かっていました。総括会には、日本学研究所所長の李東哲先生、日本人協会の坂本高敏副会長、延辺大学国際交流合作処の金永燦処長、外国語学院副院長の全永男先生、延辺ふれあいの場運営委員会の吉田先生、日本語学部主任の孫雪梅先生、日本語学部の金秀東先生、李雄傑先生、金蘭先生が出席し、延辺ふれあいの場の新たな時代の幕開けとなりました。

延辺ふれあいの場は、延辺大学と日本国際交流基金日中交流センターが共同で設置した日本語学習、日本の文化、社会、習慣を理解するための場所で、この7年間で、数多くの活動を実施してきました。こうして、延辺ふれあいの場は校内外の者に賞賛されています。

   

今日はまさに、旧時代の閉幕と新時代の開幕を告げる日であります。新しいボランティアメンバーは生気に満ち溢れ、初めてのイベントである今回の総括会での態度、パフォーマンス、アイディア、そして、物事に関する細かさなど、いろんな面で際立っており、出席した先生や先輩、留学生たちにその情熱を見せました。

私たちは、延辺ふれあいの場の明るい未来を信じ、より多くの方々に認められ、更なる評価を得ることができると信じています。お互いがふれ合うことにより、中国と日本両国の人々に、お互いの文化を伝承したいです。延辺ふれあいの場を通して、延辺大学の精神を継承し、延辺大学に勤め、延辺大学の名を中国全土、やがては日本全土に轟かせたいと思います。

BACK TO TOP