心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

日中友好交流会

2015年6月7日(日)

6月7日(日)、成都ふれあいの場で中日友好交流会を開催しました。日本人留学生6名、日本人教師3名及び会館の会員ら約50人がこの交流会に参加しました。

今回の中日友好交流会は、4つのゲームと最後の交流会で構成されています。イベントが始まる前に、ボランティアスタッフたちはゲームの遊び道具を購入し、会場をセッティングし、交流会のための準備を十分行いました。

午後2時30分に交流会が始まると、まず参加者を赤チームと青チームに分けました。峯村先生と唐澤さん指導の下、皆さんは二人の指示にしたがって、ゲームを行いました。1つ目のゲームは、「お題当てゲーム」です。言葉を練習するために、中国人参加者は日本語を使い、日本人参加者は中国語を使うというルールを作りました。皆さんは外国語を話しながら、身振り手振りで一所懸命にお題を表現しようとしたので、会場に居合わせた人々は笑い声が止まりませんでした。

2つ目のゲームは、「キャンドル吹き消しゲーム」です。内容は、参加者は単語・センテンスを言いながら、キャンドルを吹き消すというものです。中国人参加者は日本語の単語を、日本人参加者は中国語の単語を言いながら、キャンドルを吹き消します。みんな次から次へと知恵を働かせて、いろいろな単語を考えだし、テーブルの上のキャンドルを吹き消していきました。日本人参加者の一人は中国語を使って、決まった時間内にキャンドルを全部吹き消しました。会場のみなさんからは賞賛の拍手が沸き起こりました。

  

3つ目のゲームは、「適量水飲みゲーム」です。この内容は、目隠しをしながら決められた量の水を飲むというものです。失敗した参加者には、 罰ゲームとして「スペシャルドリンク」が用意され、みんな苦しそうな表情を見せていましたが、心の中ではとても楽しんでいました。

 

最後のゲームは「すいか割り」です。目隠しをした人がチームメートの声を頼りに、プラスチック製の剣で遠くのすいかを割る遊びです。このゲームは各チームの協力が必要で、現場はとても盛り上がりました。

    

ゲーム後の交流会では、参加者は積極的に発言し、いろいろな話題をめぐっておしゃべりが弾みました。歓談会は笑い声があふれる和やかな雰囲気で終わりました。

中日友好交流会を通じて、中日両国についての知識と文化の理解を深め、互いに交流を促進し、参加者同士の友情も深まりました。今回の中日友好交流会は大成功に終わりました。

 

BACK TO TOP