心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

ふれあいの場日中大学生交流イベント 320名超の来場者で賑わう

国際交流基金と広州ふれあいの場(中山大学外国語学院)共催の日中大学生交流イベントが9月20日、同校外国語学院一階ホールで開催されました。

このイベントは、本学日本語学科の学生や外国人留学生、周辺学校からの学生を含め、320名を超える多くの来場者を得て、会場は終始賑やかな雰囲気に包まれていました。

 

TEAM KIBI(吉備国際大学)の学生チームが、地元岡山ゆかりの「桃太郎」にちなんだ「衣、遊、舞、創、食、友、学」の7つのブースを企画。日中大学生の共同作業で、イベントの準備・運営・実施に取り組みました。

どのブースも内容が新鮮で面白く、来場者を大いに楽しませました。

*    *    *    *    *    *    *    *    *    *

イベントは9月19日午前10時15分、開幕式からスタート!

吉備国際大学チームのメンバーが自己紹介をすると、会場からは大きな拍手があがりました。そして、桃太郎と青鬼に扮した司会者が、今回のイベントのコンセプトである「岡山県」と「桃太郎」について簡単に紹介しました。

次に、ステージでは「ファションショー」が始まりました。

来場者はファションショーに対する関心が高く、会場からモデル役を募ると、20人以上がファションショーに参加したいという意欲を見せてくれました。最終的に、ジャンケンで男子学生3名と女子学生3名に決定。ショーでは衣装に身を包んだ学生たちが、かっこいいポーズを披露してくれました。

ファッションショーが終わると、「衣」と「友」の体験ブースの前に長い列ができました。来場者は日本の伝統衣装「浴衣」に対して好奇心と興味を抱き、試着したいという強い思いを持っているようで、たくさんの人が集まってきました。

運営スタッフが慣れた手つきで来場者に浴衣を着付けると、来場者は初めての浴衣体験に大喜びし、記念写真をたくさん撮っていました。

一方、「友」の体験ブースでは、スタッフたちが来場者の顔に色とりどりの「お祭メイク」を施し、お祭り気分を盛り上げていました。

午前の部が終了に近づく頃、「うらじゃ」踊りの音楽が流れ始め、会場の雰囲気が頂点に達しました。

「うらじゃ」の総踊りは、8月に開催される岡山「桃太郎まつり」のメインイベントとなっているそうです。来場者は「うらじゃ」の魅力に惹かれ、次々に踊りの輪に加わり、この踊りを楽しみました。

お昼の休憩を経て、午後1時30分から午後の部が開始。「食」「遊」「創」「学」などのブースが人気を集めました。午前に引き続き、多くの人で賑わいました。

かわいらしいお茶目なメイク、奇妙な「うらじゃ」踊り、美味しい日本料理、面白い鬼撃ちゲーム、浴衣試着など、どれも来場者にとって日本文化を堪能する有意義な体験でした。

  

午後4時30分、会場に再度「うらじゃ」踊りの音楽が流れると、みんな手を組んで踊り、名残を惜しみながら、イベントの幕を閉じました。

日中の若者は、イベントの共同作業を通じて、相互に交流や理解を深め合い、学びあうことができました。楽しむこと、知識を増やすこと、友情を得ること、全ては今回のイベントの収穫であり、企画の趣旨でもあります。

イベントは幕を閉じたものの、これは交流の終わりではなく、新たなスタートになるでしょう。

日中両国の友情が末永く続きますように!

BACK TO TOP