心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

日中文化友好交流イベント ――2015年度成都日中大学生交流事業

2015年9月19日(土)

9月19日、国際交流基金会日中交流センター、成都ふれあいの場は西南民族大学と連携して、西南民族大学航空港キャンパスの学生活動センターで2015年の大学生交流事業を開催しました。

今回のイベントは日中文化友好をテーマにして、着付け、ファッションショー、美食や相撲など色々な文化体ム服」を着ると、力がどんどん湧き、相撲を取りました。観客は、激しい取り組みを見て大声で応援しました。

また、中国にもジャンケンゲームはありますが、日本のジャンケンの遊び方と違います。「叩いてかぶってじゃんけんポン」ゲームは、勝った方はプラスチックのハンマーで相手を攻撃します。トッテモ刺激的なゲームでした!

スイカ割りは欠かせないゲームです~大人気!千羽鶴は最も有名な折り紙です。日本人学生は中国の学生に指導し、色とりどりの折鶴を作りました。

今参加者は日本語学科の学生さんだけではなく、日本文化に興味を持つ学生も体験にきました。皆さんは日中友好に関するメッセージを書いて、横断幕に貼り付け、「中日友好」の文字を作りました。

日本料理ブースには、長い列ができました。成都には日本料理屋が沢山あり、お寿司や刺身などはよく口にしますが、お好み焼きや肉じゃがは珍しいです。多くの人は、お好み焼きと肉じゃがを初めて味わったようです。

着付け体験では、浴衣だけではなく、日本の女子学生の制服を試着できます。立派な制服を着ると、まるで少女少年の時代に戻ったよう。皆が一番期待するファッションショーは最後に行われました。

成都日本商工クラブの上田哲折会長をはじめ、広島・四川中日友好会館の趙亮館長と各大学の日本人教師8名が今回のイベントに出席しました。成都に滞在する日本人留学5名も協力してくれました。皆さんのおかげで、2015年度成都での大学生交流事業は大成功でした!


BACK TO TOP