心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

2015年度大学生交流事業

2015年9月8日(火)~14日(月)

9月8日(火)、神奈川大学、東京大学、法政大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東京学芸大学出身の大学生6名が重慶師範大学にお越しになり、1週間の交流活動を行いました。交流イベントの本番は9月11日と9月12日でした。今回の交流イベントですが、これまでとの一番大きな違いは、11日に重慶師範大学附属小学校で運動会が行われたことです。本番の進行がうまくいくよう、学生たちはいろいろな準備をしました。

 11日の運動会本番には、約140名の小学生が参加しました。小学生は日中の伝統的なスポーツ(玉入れ、ドッジボール)とか、ゲーム等をして国境を越えてスポーツの面白さを体験しました。また、重慶師範大学附属小学校の校長先生も来てくださいました。運動会終了間際、日中の学生はグループに別れて、班ごとに小学生と交流し、翌日12日のイベントのことを小学生に宣伝しました。12日、いよいよイベントの本番です。活動は午前の部と午後の部に分かれました。午前の部では「餅つき」をし、お客さんに日本の伝統的なお餅を作って、自分たちで味つけをし、味わってもらいました。来場者は大学生と学校の先生だけに限らず、近所の子供たちや親御さんも多かったです。皆さん、日本の「餅つき」にとても興味を持ち、楽しそうに餅つきを体験してもらいました。

  

 

午後の部は、「遠足」、「射的遊び」、「輪投げ遊び」、「浴衣の体験」、「水ヨーヨー遊び」、「お茶会」の展示でした。お客さんはゲームをしたり、お茶を飲んだりして、会場の雰囲気はとても賑やかでした。そして、ゲームに勝ったお客さんは賞品をもらったり、日本の大学生と交流したりして、とても嬉しそうに見えました。

今回のイベントは自ら日本文化に触れることもできましたし、日本の大学生と話すこともできましたし、イベントの内容もとても面白く、有意義だという声が多く聞かれました。

  

  

BACK TO TOP