心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

短期留学報告会

2016年3月23日(水)

3月23日、西寧ふれあいの場では、前回に引き続き「短期留学報告会」を行い、青海民族大学外国語学院13チベット日本語クラスの蘭却才譲さんと西江措さんが、冬休み期間(2016年1月31日~2016年3月1日)に留学したときの様子をクラスメイトに紹介しました。この短期留学は、日本笹川平和財団が組織したもので、我が国で日本語専攻する一部の学生の中から、作文、自己紹介ビデオ、面接を経て選抜された人が参加できるものです。

  

報告会で、2人の学生は、日本での歓迎会の様子から授業、交流、見学、体験等18のことについて経験したことを詳しく紹介し、会場からの質問に対しても答えました。蘭却才譲さんと西江措さんは、今回の短期留学を通して、日本を実際に見たこと、日本の有名大学の授業を受けたこと、日本の名所旧跡を見学したこと、日本文化を体験したことは、得がたい機会だと感じました。彼らはこの留学を通して、学習態度と学習方法等に明らかな改善が見られ、日本語会話能力、作文能力においてもいくぶん向上しました。今回の報告会には、教師と学生34名が出席しました。

 

 

BACK TO TOP