心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

盧洪武先生による日本切手展示会

2016年4月13日(水)

4月13日、盧洪武先生は、千枚余りの珍しい日本の切手を我が学院308号室に展示してくださいました。盧洪武先生は、中国東風乗用車会社の元高級技師であり、切手愛好者の一人でもあります。また、珍しい日本切手の研究専門家で江蘇省の出身です。彼は、30数年前から日本の切手を収集しており、その切手コレクションは種類が豊富で、日本の地方、風景、年賀、武器と鎧、アニメ童話、スポーツ、公園、観光地、有名人、絵画、世界遺産と国宝や特殊切手など各種にわたっていています。

彼の話によりますと、彼は日本が発行した9割の切手を収蔵しているとか。現在、IT産業の普及により日常生活の中で手紙を書くことは少なくなり、切手への関心も昔より随分減りました。しかしながら、盧洪武先生のような民間の伝統文化のエキスパートが、積極的に歴史文化産業を受け継いでいます。切手展示会は大成功を収め、学生たちは切手の展示に強い興味を持ちました。

BACK TO TOP