心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

鹿児島大学尾崎孝宏教授のご訪問

2016年6月10日(金)

6月10日午前、我が校の社会科学講演シリーズの講座を済南ふれあいの場で行いました。今回は鹿児島大学の尾崎孝宏教授をお招きし、「異文化としての中国と日本」というテーマのもと講演いただきました。これも日本語学科が担当するアジア共同体シリーズ講座第14回の話です。外国語学院日本語学科主任の李光貞教授が司会を担当しました。本校の日本語学科及び済南市内の大学から70人余りがこの講座に参加しました。

講座では、尾崎孝宏教授がまず自己紹介をし、鹿児島大学の近況について簡単に説明しました。すぐ後に続いて、尾崎教授は皆に異文化の概念を解釈しました。一般化された異文化はサブカルチャーと呼び、主流文化と違い、個体にも区別があります。異文化は深い意味を含んで、研究範囲も広いです。その後、尾崎教授は文化人類学の角度から、学者として、異文化コミュニケーションへの思考を詳しく述べました。価値観体系の形成、異なる言語現象、夫妻の「姓」についての比較、飲食文化などの方面が含まれました。

尾崎教授が指摘するには、価値観は人の思惟感覚の基で、認知、理解、判断、判決を下しました。価値観は安定性と恒久性、歴史性と選択性、主観性などの特徴を持っています。最後に、尾崎教授は、異文化コミュニケーションの中で重要なのは、相手の所属する異文化背景を理解し、交流中思惟方式の切り替えに気をつけることだと強調しました。尾崎孝宏教授のスピーチに、場内から割れんばかりの拍手が巻き起こりました。講座後の交流タイムでは、皆さん積極的に質問をし、現場の雰囲気は盛り上がりました。

今回の講座で、尾崎孝宏教授はユーモア溢れる言葉で、理論と実例を有機的に結びつけ、「異文化としての中国と日本」を生き生きと述べてくれました。尾崎教授は皆さんに異文化の概念を全面的に認識させ、自分自身が異文化コミュニケーションをとる過程で直面した困惑についても顧みました。

訳:王海娣

BACK TO TOP