心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

料理イベント

2016年9月25日(日)

9月25日、重慶ふれあいの場で料理イベントを行いました。今回の講師は、在重慶日本国総領事館の染山由里絵職員でした。イベントには、日本語学部の1年生から3年生の学生と日本語学科の一部の教師たち計45人が参加しました。今回作る料理は、「すき焼き」です。

重慶では外国の調味料を販売しているスーパーマーケットが少ないので、日本のみりんが手に入らない問題が出てきました。そこで、みりんの替わりに中国の「葱姜料酒」という調味料を使って、すき焼きを作りました。

 

今回の料理活動に参加した人は以前にも増して積極的です。特に1年生にとっては初めての日本料理イベントなので、やる気マンマンです。また、自分で料理をしているときに、先生に何度も指導を受け、完成した後には先生に味見していただき、コメントもいただきました。

「想像もできないくらい美味しい!」

「甘く味付けをした鍋なんて、あまり期待はしていなかったけど」

「ご飯も超おいしい」

「鍋なのに水を使わないのね」

みんな次々と自身の感想を述べ、自分が気づいたところも語り合いました。

   

皆さんは日本の料理と文化に興味が湧いてきました。結局、お肉4キロ、ご飯4キロはきれいに完食!今回のイベントは順調に進行し、大成功でした。では皆さん、次回の料理イベントもお楽しみに! 

翻訳:重慶ふれあいの場スタッフ

BACK TO TOP