心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

日本語学科が高玉軍教授を招き新入生向けの講座

2016年9月29日(木)

   9月29日午前、日本語専攻2016年入学の学生はC区キャンパス104教室で、斉魯工業大学の高玉軍教授による「専攻を理解し、人生を設計する」というとても為になる素晴らしい講座を受講しました。この講座は学生たちに大変好評でした。今回の講座は、学生たちにより良く日本語専攻を理解してもらい、今後の学習、研究及び人生の初期計画を立ててもらうことを目的に、オリエンテーションクラスとして開講されたものです。

   高教授の講座は、「一、隣国の日本を理解すること」「二、日中関係の現状と日本語学習について」「三、全国高等学校日本語専攻の沿革と現状」「四、学業計画とハイエンド就職」「五、日本語学習方法と学習リソースについて」という5つの内容でした。

   まず、高教授は日本の国土面積、人口、GDPのランキングについて触れ、皆さんが日本に対して持っている「日本は小さい」という基本的なイメージを変え、その後、日本の名所旧跡、食文化、製品、文化、娯楽など多方面について詳しく紹介しました。皆さんはとても熱心に話を聞き、日本語への興味をかき立てられたと同時に客観的に日本を認識し、もっと互いを理解する必要があると感じました。

   高教授は、皆さんが将来の方向性を明確にし、目標を定めるよう、「学業計画とハイエンド就職」について詳しく解説しました。高教授は皆さんに、日本語を専攻するにあたって目標を設定し、自発的に勉強をし、日本語に対して興味を持ち、大学四年間分の学習任務をはっきりとさせ、将来の目標と方向性を更に明確にするよう伝えました。

   最後に高教授は、真面目に勉強すると同時に、未来の自主創業に注目してほしいと指摘し、大学に進学したばかりの新入生の私達を導いてくださいました。講座が終わってからも、学生達はまだ高教授の講座の内容を討論していました。講座を受講した皆さんは、日本への理解を深め、ますます興味をもち、日本語をきちんと勉強したいと口々に述べていました。このオリエンテーションは皆さんにとって忘れ難いものになったことでしょう。

 

翻訳:王海娣

BACK TO TOP