心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

2011年重慶市大学生日本語美文朗読コンテスト

11月26日、重慶ふれあいの場と重慶師範大学外国語学院の協力のもと、“2011年重慶市大学生日本語美文朗読コンテスト”が重慶師範大学図書館学術ホールにて開催されました。重慶大学、西南大学、四川外国語学院、重慶師範大学、重慶郵電大学、重慶理工大学など9大学から34名の選手が集まって、コンテストに参加しました。  大会では、重慶師範大学外国語学院蜷エ譏セ友院長がまず挨拶をし、その後34名は日本語専攻組と非専攻組の2グループに分かれて進められました。専攻組は、5分の自選テーマ朗読と即席朗読の2部構成で、非専攻組は5分の自選テーマ朗読のみで行われました。舞台の上では学生たちが情緒ある朗読をして、とても盛り上がり、会場は拍手喝采でした。激戦の結果、1等賞が3名、2等賞が6名、3等賞が9名、参加賞が16名選ばれました。  今回の大会では、西南大学日本語学部の彭玉全教授、重慶大学日本語学部の竹下閨ェ香先生など、6大学から7名の専門の先生をお招きし、審査をして頂きました。大会の結果、選手と観客の学生は皆、大会から多くのことを得たと言っており、専門家の評価によって、学生は自分の朗読の改善点に気づき、能力を高めることができました。重慶ふれあいの場は2年連続でこの日本語美文朗読コンテストを実施していますが、この大会は日本語を学ぶ学生に披露の機会を与え、重慶市の大学生の日本語の水準を高めるのに貢献しています。

BACK TO TOP