心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

「長春ふれあいの場」弁論大会

2016年12月13日(火)

   「長春ふれあいの場」主催の吉林大学外国語学院日本語弁論大会が、外国語学院500ホールで開催されました。吉林大学日本語学部の宋婷先生、于海霞先生、曾婷婷先生が審査委員を担当しました。

   弁論大会では、「制服を着るべきか」や「両親にモ―メンツを共有すべきか」など弁題を巡って、それぞれ討論をしました。熱い討論が繰り広げられた結果、「親にモ―メンツを共有すべき」の方が勝ちました。弁論大会の最後に、宋婷先生が「長春ふれあいの場」を代表して挨拶し、学生たちに賞品の授与をしました。今回の日本語弁論大会を通して、新入生たちは弁論能力とチームワークを鍛えただけではなく、日本語で物事を考える力も向上しました。

 

翻訳:郭新琦、李珊珊

BACK TO TOP