心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

自動車安全事故講習と実験

2016年12月2日(金)

   12月2日に、トヨタ自動車(中国)投資成都支店は成都ふれあいの場からの招待を受け、成都玉林中学校(石羊キャンパス)で自動車安全事故講習をしました。今回の講習では、成都支店だけでなく、トヨタ自動車(中国)投資上海支店と南京支店の技術員にもご協力いただきました。

 

   講習が始まる前、学生の皆さんは「飲酒運転」を体験しました。特殊なゴーグルをかけて、酔っ払ったような感覚で、障害物を避けてまっすぐ歩くのです。皆さん大笑いしていましたが、この体験の面白さを通じて、学生の皆さんにも「飲酒運転」の危険さが深く伝わりました。

 

   トヨタ自動車の講師の先生は「運転安全知識」のビデオを放映し、技術員の方は卵で「衝突実験」を披露して下さいました。

   車の衝突緩衝に関する知識を教えていただいた後、学生たちも硬さが異なる紙で「緩衝装備」を作りました。緩衝効果が一番優れている「装備」を作った学生にレクサス(LEXUS)の自動車模型を贈られました。

   今回の講習と実験を通じて、中国の学生さんに交通安全知識を伝えただけではなく、日本車の技術と安全性も紹介できました。

   

翻訳:成都ふれあいの場スタッフ

BACK TO TOP