心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

日本留学を終えた学生による報告会

2017年3月26日(日)

   3月26日の晩、外国語学院日本語学科・済南ふれあいの場の主催で、山東師範大学長清湖キャンパスC117教室で「留学から帰って日本を話す」をテーマにした報告会を行いました。この報告会には、日本語学科の1年生から3年生が参加しました。

   報告会では、3年生の李禕璠さんが鹿児島大学に留学した1年間の経験を紹介し、卜令馨さん、肖霊修さん、王雅馨さんの3人は、それぞれ和歌山大学へ交換留学した1年間の生活について話しました。李禕璠さんは参加者の皆さんに、鹿児島の地理や風景、風習などのほかに、勉強や日常生活についても紹介しました。和歌山大学に留学した3名は、授業やアルバイト、交通、食事、旅行などの面から、参加者に詳しい説明を行いました。これらの紹介は、参加者の日本留学に対する興味を引き出しました。

   4人の発表が終わった後、参加者は4つのグループに分かれ、日本に留学した学生と一緒に興味のあることについて話し合い、交流することで、現場の雰囲気は更に盛り上がりました。今回の報告会を通して、参加者は非常に有意義なことと啓示を得ました。また、日本文化と留学生活について理解を深め、日本留学に更に詳しく知ることができ、大変勉強になりました。

翻訳:宋煒

BACK TO TOP