心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

和歌山県人文風景紹介

2017年5月6日(土)

   午前、「和歌山県人文風景紹介」と題したイベントが済南ふれあいの場で行われました。このイベントには、和歌山県庁の阪口昂さん、宮本実穂さん、山東師範大学日本人教師の福ケ迫加那先生、済南外国語学校日本人教師の山関新先生が参加しました。また、山東師範大学・山東政治青年学院・山東財経大学・済南大学などの済南市内の大学から約50名の学生が参加しました。このイベントでは、阪口昂さんがスピーカーを担当しました。

   まず、阪口さんは和歌山県が山東省と友好都市になって以来、文化、環境、経済、観光や青少年間に於いて行われた友好交流について、皆さんに紹介しました。その後、皆さんは阪口さんと一緒に和歌山県に関する映像を見ながら、和歌山県の美しい風景を味わいました。続いて、阪口さんは問題の四つの選択肢のうち、どれが和歌山県特有の文化に属するかについてクイズを出すと、学生の皆さんは積極的に手を挙げて答えました。正解した学生たちはプレゼントを手にしました。このクイズゲームを通して、学生たちは和歌山の醤油、ワサビ、鰹など日本食の源を理解し、漆器、蚊取り線香、合気道など和歌山県から発祥した特別な文化について、より深く認識しました。最後に、阪口さんは熱心に和歌山県の豊かな果物と海産物、そして温泉、紀伊山地の聖地、参拝道など独特の文化的な観光地を紹介してくれました。

   阪口さんの紹介が終わった後、学生の皆さんはいくつかのグループに分かれ、ゲストスピーカー及びイベントに参加した日本人と一緒に、交流を深めました。今回の「和歌山県人文風景紹介」イベントの開催で、学生たちは和歌山県の人文風景について理解を深めると同時に、日本語学習のモチベーションを高めました。

翻訳:宋煒

 

BACK TO TOP