心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

中国ふれあいの場 オンライン日本文化セミナー:漫画

「見開き2ページから見える、日本漫画の特徴」

開催日 2021年3月12日(金) 16:30~18:00

講 師 浅野 龍哉 氏

1988年生まれ まんが家
北京鮮漫文化創意有限公司漫画創作者
国際日本文化研究センター共同研究員
白泉社ヤングアニマルで、まんが家としてデビュー。2015年から北京外国語大学日本語学部で専家として3年間、日本語と日本文化論の一環として、日本式まんがの描き方について教えながら、中国の他の大学でも講座を行った。現在はヤングエース(KADOKAWA)で連載中の『まんがでわかるまんがの描き方』の構成を担当、コミックウォーカー(KADOKAWA)、哔哩哔哩漫画、腾讯漫画、快看漫画にて『faceless ダークヒーロー編』を中日同時連載しながら、北京鮮漫文化創意有限公司で作品の絵コンテを担当している。

北京で活動中の漫画家、浅野龍哉氏をお招きし、日本のまんがにおける特徴の一つ、「見開き」の表現について、まんがの作り方という視点から講義を行いました。日本のまんがでは見開きにいかにコマ(絵)を配置しているのかを作り手の視点から紹介し、その配置方法から見えてくる、日本のまんがの特徴とは何かをお話しいただきました。共催先の延辺ふれあいの場の学生をはじめ、中国各地から多くの方にご視聴いただきました。


当日のセミナーの様子はYouTubeリンクからご覧いただけます。

BACK TO TOP