心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が
未来を共に創る架け橋となります。

JAPAN FOUNDATION 国際交流基金[心連心]

日本と中国の若者が未来を共に創る

全国の高等学校の先生方へ

国際交流基金では、中国の高校生たちを受け入れてくださる高校を全国で募集しています。特別扱いは不要です。日本人の高校生と同じように過ごし、色々なことを学んでほしいと考えています。将来の日中関係を担う若者たちの交流のために、貴校のお力を貸してください。

留学生を受け入れるメリット -受入校の声-

  • 他国の文化に触れることで自国の文化に目を向けるきっかけとなり、学習面において切磋琢磨することで互いに成長できたと思います。
  • 何事にも積極的に取り組み、色々な行事に参加していました。勉強に対する取り組みも周りにいい影響を与えるものでした。
  • 生徒たちが国際交流の機会を得て、中国という国の文化や歴史に興味をもつきっかけとなり、友情を深めることができた。
  • 色々なことに前向きに取り組む姿勢は他の生徒の模範となっていました。異文化を知る良い機会だと思います。

生徒の受入れについて

  • 招へい生は中国で日本語を学んでいます。生徒によりますが、基本的な会話は可能です。
  • 査証申請ほか来日の手続き、海外旅行保険の適用などは国際交流基金が行います。
  • 学費、教科書代、通学交通費等、学校生活に必要な経費は国際交流基金が負担します。
  • 単位の認定は不要ですが、略式で在籍証明、成績証明の発行をお願いします。
  • ホストファミリーの手配は、一義的には学校側にお願いしておりますが、見つからない場合、国際交流基金が地域の団体等を通じて手配することもございます。

プログラム修了生の進路

プログラム終了後再来日・日本滞在期間が6カ月以上の卒業生:計251名(※2024年4月現在)

  • 第1期生:37名中17名  第2期生:37名中26名  第3期生:26名中19名  第4期生:35名中21名
  • 第5期生:38名中24名  第6期生:32名中17名  第7期生:32名中23名  第8期生:30名中23名
  • 第9期生:31名中12名  第10期生:31名中20名  第11期生:31名中16名  第12期生:30名中14名
  • 第13期生:26名中9名  第14期生:26名中10名

卒業生インタビュー

卒業生へのインタビューは参加者インタビューで掲載しています。ぜひご覧ください。

  • 国際交流基金 JAPAN FOUNDATION
  • 通过《艾琳》学日语
  • 日本国际交流基金会|北京日本文化センター
  • 日本国际交流基金会|北京日本文化センター[微博]Weibo