心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

全国の高等学校の先生方へ

国際交流基金日中交流センターでは、中国の高校生たちを受け入れてくださる高校を全国で募集しています。特別扱いは不要です。日本人の高校生と同じように過ごし、色々なことを学んでほしいと考えています。将来の日中関係を担う若者たちの交流のために、貴校のお力を貸してください。

留学生を受け入れるメリット -受入校の声-

  • 他国の文化に触れることで自国の文化に目を向けるきっかけとなり、学習面において切磋琢磨することで互いに成長できたと思います。
  • 何事にも積極的に取り組み、色々な行事に参加していました。勉強に対する取り組みも周りにいい影響を与えるものでした。
  • 生徒たちが国際交流の機会を得て、中国という国の文化や歴史に興味をもつきっかけとなり、友情を深めることができた。
  • 色々なことに前向きに取り組む姿勢は他の生徒の模範となっていました。異文化を知る良い機会だと思います。

生徒の受入れについて

  • 招へい生は中国で日本語を学んでいます。生徒によりますが、基本的な会話は可能です。
  • 査証申請ほか来日の手続き、海外旅行保険の適用などは国際交流基金が行います。
  • 学費、教科書代、通学交通費等、学校生活に必要な経費は国際交流基金が負担します。
  • 単位の認定は不要ですが、略式で在籍証明、成績証明の発行をお願いします。
  • ホストファミリーの手配は、一義的には学校側にお願いしておりますが、見つからない場合、国際交流基金が地域の団体等を通じて手配することもございます。

プログラム修了生の進路

プログラム終了後再来日・日本滞在期間が6カ月以上の卒業生:計221名(※2022年5月現在)

  • 第1期生:37名中17名  第2期生:37名中26名  第3期生:26名中19名  第4期生:35名中21名
  • 第5期生:38名中24名  第6期生:32名中17名  第7期生:32名中23名  第8期生:30名中23名
  • 第9期生:31名中12名  第10期生:31名中20名  第11期生:31名中16名  第12期生:30名中13名
  • 第13期生:26名中6名  第14期生:26名中3名

これまでの主な進学先(50音順)

【日本】 青山学院大学、大阪大学、お茶の水女子大学、大阪府立大学、学習院大学、近畿大学、九州大学、京都大学、群馬大学、慶応義塾大学、神戸大学、上智大学、千葉大学、筑波大学、東京大学、東京医科歯科大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京電気大学 、同志社大学、東北大学、名古屋大学、日本大学、一橋大学、北海道大学、横浜国立大学、立命館大学、立教大学、早稲田大学など
【中国】 厦門大学、延辺大学、華東理工大学、貴州大学、湖北師範大学、陝西師範大学、上海外国語大学、上海海事大学、上海財経大学、上海交通大学、首都師範大学、青島大学、浙江大学、対外経済貿易大学、天津外国語大学、東北大学(瀋陽)、同済大学、中国伝媒大学、中山大学、南京大学、南京理工大学、南昌大学、武漢大学、北京大学、北京外国語大学、北京工業大学、北京航空航天大学、北京第二外国語学院など
【その他】 イェール大学、イリノイ大学、カリフォルニア大学、グリーンリバー大学、ゴールドスミス・カレッジ、シェフィールド大学、スターン・スクール・オブ・ビジネス、ニューヨーク大学、ダルムシュタット工科大学など

就職先の例(順不同)

【日本】 アクセンチュア株式会社、Adobe株式会社、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社、株式会社小松製作所、株式会社豊田自動織機、株式会社博報堂、株式会社ブリヂストン、隈研吾建築都市設計事務所、埼玉動物医療センター、サンディスク株式会社、住友商事株式会社、株式会社リクルートホールディングス、JR東日本、JPモルガン証券株式会社、大和証券株式会社、デロイトトーマツコンサルティング合同会社、日本たばこ産業株式会社、日本マイクロソフト株式会社、パナソニック株式会社、PwCコンサルティング合同会社、富士通株式会社、楽天株式会社、有限責任監査法人トーマツ、ヤフー株式会社など
【中国】 一汽トヨタ(北京)、KDDI中国、SMBC日興証券、人民中国雑誌社、石家荘外国語学校、全日本空輸株式会社北京空港所、中国外交部、中国教育国際交流協会、中国建設銀行、中国建築設計研究院、中国日本友好協会、バイトダンス、P&G中国、富士通先端科技(上海)有限公司 、松下電器機電(中国)有限公司、三菱東京UFJ銀行上海支店など
【その他】 Deloitte Touche Tohmatsu、YouTubeなど

BACK TO TOP