心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が
未来を共に創る架け橋となります。

JAPAN FOUNDATION 国際交流基金[心連心]

日本と中国の若者が未来を共に創る

中国高校生だより

【中国高校生エッセイ】私の好きな日本語「大丈夫」

日付:2024.05.02

【15期生エッセイ Vol.19】

第15期生 Lさん
(埼玉県留学中)

日本での留学中に私が特に気に入った日本語は「大丈夫」です。

「丈夫」という言葉は、日本語では健康や頑強さを意味しますが、
日常会話では「大丈夫」は主に「問題ない」や気遣いを表現する際に使われます。

他人の提案を断る時、直接的に否定するよりも「大丈夫」のような言葉を使うと、会話がスムーズに進みます。例えば、コンビニでレシートが必要かたずねられた時、不要な場合には「いいえ」と言う代わりに「大丈夫です」と答えます。

これは日本語の言語体系における婉曲表現を表していますが、この婉曲表現が時に誤解を招くこともあります。

また、人を気遣ったり慰めたりする時には、「大丈夫ですか?」や「大丈夫?」というフレーズがよく使われます。

例えば、クラスメイトが病気になった時には、翌朝に「大丈夫?」とたずねたり、試験に失敗した時には「大丈夫だ」と慰めることがあります。

「大丈夫」は、日本語の言語体系や文化の一端を表しているに過ぎませんが、それは確かに日本人の細やかな心配りを反映しています。

原文:中国語

中国高校生だより」では、「心連心:中国高校生長期招へい事業」で招へい中の15期生によるエッセイなどを掲載しています。

  • 国際交流基金 JAPAN FOUNDATION
  • 通过《艾琳》学日语
  • 日本国际交流基金会|北京日本文化センター
  • 日本国际交流基金会|北京日本文化センター[微博]Weibo