心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

[レポート]広州ふれあいの場:『私が見つけた「夏の風物詩」』投稿コンクール

2022年821日(日)

 広州ふれあいの場は2022821日に、『私が見つけた「夏の風物詩」』をテーマにした作文と写真の投稿コンクールを開催した。公式アカウントを通じて広報し、投稿締め切りまでに17作品の応募があった。投稿者は中山大学、暨南大学、北京理工大学(珠海キャンパス)、広州軟件学院、広州南方学院、広州培正学院などの大学生であった。

  作品は投稿者たちが日常生活の体験に基づいて、自分にとっての最も代表的な夏の風物詩を選んで創作されたものである。その中に、夏の風景を代表する「蓮華」や「海」、「残照」「夜空」もあれば、「スイカ」や「氷粉」、「亀のゼリー」のような夏といえばすぐ思い浮かべる食べ物もあった。それから、中国の独特な食べ物の「炒冰」や「キノコ鍋」、「マーラーザリガニ」を自分の見つけた「夏の風物詩」として取り上げ、それにまつわる思い出を書かれた作品もあった。作品を通して、いきいきとした夏、楽しい夏、美味しい夏、ロマンチックな夏、家族で過ごした夏が読者の前に再現されたのである。

  今回の審査委員は中山大学日本語学科の徐愛紅先生、李栄先生、野呂田萌子先生と中村佳先生が務めた。先生方が各自で採点して、全員の合計点に基づいて入賞作品と順位を決めた。作品はどれも個性があって素敵な作品であったため、先生方の意向により、同じ点数の作品に同じ賞を授与することにした。入賞結果は下記の通りに、一等賞が5名、二等賞が5名、三等賞が4名だった。

  一等賞:羅宁さん、夏冬さん、孫雯雯さん、聂梓晴さん、李欣遥さん
  二等賞:李欣巍さん、洪宁欣さん、吴昊さん、廖曼琳さん、楊航厳さん
  三等賞:邹雨鹏さん、钟甘蕊さん、徐子衿さん、张莉唯さん

  『私が見つけた「夏の風物詩」』投稿コンクールは日本語を勉強している学生たちに日本語の作文能力を鍛える機会を与えてくれたのみならず、夏の思い出を振り返るとともに改めて日本語の魅力を感じることができた。
 広州ふれあいの場は今後も多様なイベントを企画し、日本語学習者と日本文化愛好家の皆さんが触れ合うプラットフォームを築いていきたい。
 入賞作品は以下に展示する。

【一等賞の作品】
「夏の海」
 1.罗宁さん

「波はジェットコースター、素敵な風を集めながら」と歌を聞きながら夏の行方を探していると、知らず知らず海辺まで辿り着いた。子供たちがはしゃいでいる声が、波が寄せたり引いたりして立てた波音と心地よくハモっている。あぁ、もう夏だ。
 海の匂いが運ばれてきて、濡れた髪が輝いて踊っている。海風に包まれた体が思わず動き出して、日差しを浴びながら波打ち際を走っていく。
夏の海はアミューズメントパークだ。

【審査委員の講評】
①“歌の歌詞から文章を始めるなど、文全体の構成がロマンチック。
②読者にまるで自分も今、夏の清々しい海辺まで駆け付けたような臨場感を作り出してくれた文章でとてもよかったです。”

「炒冰」
2.夏冬さん

夏に欠かせないのは、広州の「炒冰」です。
写真は広東の独特なかき氷みたいなものです。「炒冰」といって新鮮な旬の果物で作られた夏のデザートです。広州では夏にほぼ毎日と言えるほど食べられています。
「炒冰」を急いで食べたときの、頭がキーンとくる感じが夏らしい。シャリシャリっとした食感が、日差しで火照った体をスーッと涼ませてくれる。
夏はやはりアイスが最高だね!

【審査委員の講評】
①“擬態語を巧み使用し、夏だからこそ感じられる炒冰の魅力を上手に表現できています。
②赤紫色の「炒冰」とぼかした背景のコンビネーションにより、とても良い写真に仕上げています。
③「頭がキーンとなる感じ」がとても共感を覚えますが、冷たいものをたくさん食べるのは胃腸によくないそうです。

「夜空」
3.孙雯雯さん

わたしにとって、夏の中で一番大好きなのは夜の空。月が明るくて星がまぶしく、夜の風が暖かい。
昔は、夏の夜はとても静かで、カエルの鳴き声しか聞こえてなかった。よく家族といっしょに庭に座って星空を見上げていたものだ。夜空に星が輝き、夜風が人の頬を吹き、ひとしきり涼しさを感じてとても幸せだった。
夏の夜空は深く魅力的で、思わずうっとりしてしまう。空を見上げると心が安らかになる。

 【審査委員の講評】
①“日常的な、些細な風景を、自分だけのものとして魅力的に説明できています。
②文章に描かれた故郷の夜空と写真に写された都会の風景のギャップによって、ふるさとの夜空が恋しくなる気持ちが伝わってきます。
③夏の夜に庭で家族と一緒に空を見上げる、想像するだけで絵になるような美しい場面が浮かびます。

「亀のゼリー」
4.聂梓晴さん

夏の風物詩といえば、最初に思い出すのは亀のゼリーです。複数の漢方薬を用いて作られたので、少し苦味があります。そのかわりに、解熱とデトックスなどの効能もあり、猛暑日が多い広東の夏にぴったりの食べ物です。
小さい頃に、鍋の中にぐつぐつ泡を立てる黒い液体がどんどん落ち着き、ゼリーの形になるのは非常に不思議なことだと思いました。今は原理を知っていますが、作る過程を見るのはやはり夏の楽しみになるのです。

【審査委員の講評】
①“わかりやすく自然な日本語を使えています。ゼリーを作ったことがない私でも、文章からその様子が想像できて、楽しくなりました。
②ゼリーが出来て行く様子、またそれを見ている小さい女の子の様子が想像しやすかったです。ゼリーの説明、昔の思い出、大人になってからの思いを上手く表現出来ていると思います。また日本人からして、テーマが中国らしくて良かったです。”

「蓮華」
5.李欣遥さん

私は子供の頃、蓮池のそばで育てられた。真夏になったら、父と叔父が時々、木製の小舟を出し、小さい私を乗せ、蓮池の中心に水でぶらついた。父がハサミで蓮の花托を摘んて蓮の実を食べさせてくれたのだ。蓮の花に囲まれた記憶が薄くなっていくのだが、毎年の夏に見た景色が幻のように思い浮かんでくるのだ。私にとっては、蓮華は夏に欠かせない風物詩なのだ。

【審査委員の講評】
①“細かい情景描写により、子供の頃の思い出がそのまま伝わってきます。
②娘に蓮の実を取り出してくれる優しい父親の姿が夏の思い出そのものだと心打たれます。”

【二等賞の作品】
「彩雲の南のキノコ」
1.李欣巍さん

故郷の雲南省では、夏といえば、菌(きのこ)を思い浮かびます。地理的条件が独特なために、夏になったら、インド洋からのモンスーンが温かい水蒸気を運んできて、このような環境では菌が生えやすくなるそうです。それで、夏に菌を食べる風習が生まれたのです。
夏休みになると、よく家族と菌のお鍋を食べに行くものです。1番満足する瞬間は、口に運んだ時に汁が溢れ出たときです。その汁で夏の暑さも消え去っていくような気がします。

 【審査委員の講評】
故郷の食べ物の個性がよく説明できています。
②夏に鍋料理とは少し意外でしたが、食べるだけで汗が流れるように出るのも意外と爽快かもしれません。

「薄茜色の残照」
2.洪宁欣さん

夏の夕方の雰囲気は一年の中で一番堪らなく好き
沈んだ陽の残照残る時間帯
打ち寄せる波の音が柔らかく聴こえるローケーション
微かに髪を揺らす海からの風
心地よい音楽が流れて、遠くでカナカナカナって蝉が鳴く
パチパチって音がしながらの焚き火があればなおいい
と妄想が広がり続けるこの季節。
やっぱり夏の夕刻の海がいい

【審査委員の講評】
擬態語、擬声語が効果的に使われています。文全体のリズムが良いです。
②夏の夕刻の海辺に焚き火、妄想ではなく、理想とロマンチックを追い求める作者の姿が想像できます。

「海」
3.吴昊さん

夏と言えば海、海と言えばたそがれ。久し振りに海辺に行ってきたが、夏はやはり海だな。涼しい風に包まれて、自然の美しさを満喫した私はとても幸せだった。
空は半分が夕焼けに染められて、半分が海に溶けて藍色になった。その陽炎の中にいた私も心が熱くなった。それはまさに夏の風物詩そのものだなと思った。
茜の太陽が水面線に飲まれ、夜色に染められた空に星々が段々と見えてきた。私はイヤホーンをつけて音楽を聞きながら昔に思いを馳せる。此処でロマンチックに出会ったのだ。
この町に私の思いと愛情がある。蒸し暑い季節は、君のおかけで幻のような美しい思い出に彩られた。

【審査委員の講評】
“表現力が高く、ストーリー性が素晴らしいです。

「蓮の花」
4.廖曼琳さん

蓮の花を見つけると「今年も暑い夏がやって来るな」と感じます。暑い陽射しに負けず元気に花を咲かせ、爽やかな彩りを与えてくれます。その美しさに癒されませんか。
蓮の花言葉は「清らかな心」です。泥から出てきても泥に汚れることはないため、仏教では神聖な花とされます。中国古典文学では蓮を詠んだ詩がたくさんありますが、日本でも古くから親しまれてきており、奈良時代にはすでに観蓮会が開催されていたらしいです。

【審査委員の講評】
“花の美しさだけに注目したのではなく、花言葉や古典文学と歴史にも触れて、作者の蓮への思い入れが伝わってきます。

「スイカ」
5.杨航严さん

夏といえば、真っ先に思いつくものはやはりスイカです。暑い夏、冷たいスイカはまるで深緑の縞模様の服を着ている女の子のようにみずみずしく美しいです。スイカを手に取ってその冷たさで体の熱を半分以上取り除いてくれたようです。スイカは私の大好きな夏の果物です。

【评委点评】
“文章全体は簡潔ですが、比喩表現にオリジナリティがあります。イラストも素敵です。

【三等賞の作品】
「夏の午後」
1. 邹雨鹏さん

夏の午後は、日光が朝より更に強くなり、風も全然吹いておらず、空気もお風呂の湯気のように蒸し暑い。戸外でちょっと体を動かすだけで、汗が額からぼたぼたと流れてくる。このような暑さは多分、夏が人間と戦う武器なのであろう。
ある日の午後、教室へ向かう途中、可愛い猫を見つけた。その猫が口を開き、欠伸をし、眠そうだった。矢張り、夏の午後は、猫でさえ眠くなったものだね。
眠い、眠い、夏は眠い。然し、授業はまだ終わらないなあ。

【審査委員の講評】
“直喩や隠喩を活用しています。文末表現が多様でリズム感があります。

「スイカ」
2. 钟甘蕊さん

暑い日差しが照り付ける日々が続き、スイカが甘くなっている。
大きくて安いスイカが、みんなシェアできる美味しいものだ。
赤い果肉を口に入れると、甘さが口いっぱい広がっていく。
涼しい汁が腹へ流れていき、うだる暑さを吹き飛ばしてくれる。
疲れた一日が終わり、笑顔が溢れる時間を楽しもう。
これは、平凡でありながら何よりも純粋な夏の楽しみだろう。

【審査委員の講評】
“挿絵がかわいい。スイカについて家庭的な雰囲気が豊かに表現されていて、暖かい気持ちになりました。

「マーラーザリガニ」
3. 徐子衿さん

夏に欠かせないのは、マーラーザリガニ(辛いザリガニ)だと思います。ザリガニの旬は夏なので、市場に赤くて新鮮なザリガニが売られています。ザリガニの背わたを取り除いて唐辛子ソースを入れて炒めると美味しいのです。両手でザリガニを剥いて食べます。
真夏の蒸し暑い夜に、家族と一緒に辛いザリガニを食べながら冷えたビールを飲む。これこそが最高な幸せなんでしょう。

【審査委員の講評】
“鮮やかで大胆な写真と文がよくあっています。また、平凡ながらも、冷えたビール、辛いザリガニ、家族と一緒、という書き手の夏の幸せな一瞬がよく描かれていると思いました。ザリガニというのもいいと思いました。

「氷粉(ビンフェン)」
4. 张莉唯さん

氷粉はオオセンナリの種を揉むことによって作られたゼリー状のデザートだ。トッピングによってはたくさんの味があり、私の故郷の四川の名物なんだ。夏になると、街角でいつも氷粉が売られている。暑い日に爽かでひんやりした氷粉を一杯食べるのは、何よりうれしいことだ。
四川以外の地域では、よく白涼粉を氷粉に間違えることがあるらしい。それで、珍しく本物の氷粉を食べると、とても感動だ。それは故郷の夏と共鳴する幸せなのだ。

 【審査委員の講評】
“最後の一文の言葉選びがとてもいいと思いました。また、故郷への思いが良く伝わって来て、故郷を離れて大学生活を送る中国の学生らしい作品だと思いました。

 

BACK TO TOP