心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

[レポート]長沙ふれあいの場:アフレコ大会

2021年1010日 (月)

 2021年1010日夜7:00、長沙ふれあいの場は湖南大学大学院ビルA2092021年アフレコ大会を開催しました。参加者は、日本語学科の学生8組、日本語学科の4人の審査員の先生、および英語学科の学生2人と機械工学科の学生2人もこの活働に参加しました。

 大会が始まる前に、まず司会者が大会のルールと審査員の先生を紹介し、審査員の先生は大会に対する期待を述べました。その後参加者達は入場し順番に出番を待ちました。各参加者の制限時間は6分です。参加者皆一生懸命努力してすべての力を発揮し、画面に合わせて生き生きとしたアフレコを行い、とてもすばらしい大会となりました。

 応募作品にはアニメ作品『千と千尋の神隠し』『ウマ娘』『四月は君の嘘』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』などもあれば、ドラマ『アンナチュラル』のエピソード、公益広告の作品もありました。ジャンルは異なりながらも、参加者皆すばらしい演技で、観客と審査員の先生に深い印象を与えました。

 最後に、日本語学科の第六組が作品「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の生き生きとした演技で優勝を獲得しました。他のチームは敗れましたが、みんなに深い印象を残しました。優勝したチームは湖南大学を代表して湖南省アフレコ大会に参加します。一緒に彼らの優秀な成績を期待しましょう!

 

BACK TO TOP