心連心ウェブサイトは日本と中国の若者が未来を共に創る架け橋となります。

―日本と中国の若者が未来を共に創る―

  • HOME
  • 日中交流センターとは?
  • 高校生交流事業
  • ふれあいの場事業
  • ネットワーク整備事業

イベントレポート

[レポート]長沙ふれあいの場:日本語コーナー(漢語橋)

2021年1226日(日)

 12月2614時から、騰訊会議(zoomのようなソフト)で日本語コーナーの活動を実施しました。竹澤先生が司会を務め、日本語レベルが高い学生が通訳を行い、自己紹介、メイン交流、フリートークの3部構成で行われました。本学の学生だけでなく、社会人や、日本の友人も参加しました。

 まず、初めて日本語コーナーに参加する参加者達が、中国語と日本語で自己紹介をしました。ここでは、本学の学生が日本語を話し、日本の友人が中国語を話す機会を作り、お互いを少し知ることができました。
 メイン交流の時には、中国語または日本語で関係する質問について感想を述べました(漢語橋はテーマごとに質問を変えます)。例えば、「もし、友人が約束の時間に遅刻したら、或は、明日から無人島に住むことになったら、あなたならどうしますか?」という質問です。異なる文化背景や個人的な経験に基づいて、人それぞれの回答を聞くことが出来、さらに理解を深める良い機会となりました。
 最後に竹澤先生は参加者をグループに分け、参加者同士のフリートークを行いました。 チャットルームでは、語学学習の経験を共有したり、中国や日本についての興味深い話を聞くことが出来ました。

 日本の参加者は、漢語橋を通じて中国をよく理解し、中国文化の魅力を知ることができました。また、日本語科の学生や日本文化に興味のある学生にとっては、日本の友人と触れ合い、相互のコミュニケーションの発展を促進する機会となりました。

 

BACK TO TOP